検索
  • 亥鼻祭実行委員会

まず始めてみること

最終更新: 10月7日

こんにちは。亥鼻祭のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。


広報局長をやっております、医学部3年の古屋です。

実は亥鼻祭実行委員会に入ったのは2年生からで、1年生の頃は亥鼻祭実行委員になること、ましてや局長までやるなんて夢にも思っていませんでした。大人数でワイワイするのが苦手で、どちらかというとひとりで自分の時間を楽しむのが好きなタイプな訳ですから、大祭の実行委員会なんて縁がないものだと思っていました。


そんな僕がなぜ実行委員になったのか申し上げますと、環境ISO学生委員会として亥鼻祭の環境対策(ゴミ分別の案内やチェックをして環境負荷を顕現すること)の統括になったことを当時の亥鼻祭実行委員長、副委員長に報告に伺ったところ、副委員長のK先輩に声をかけられてそのまま実行委員になったわけです。笑

僕が大事にしている(というか、大事にしたい)考え方は、やりたいと思ったことはまず始めてみること。

千葉大医学部のロゴに begin.continue ということばがあります。


これは大学の偉大な先人である中山恒明先生のこの教えを集約したものです。


Beginning is half the success, not giving up on the way is complete success.


「始めることが半分成功したことで、止めないことが成功すること」

入学生ガイダンスか、入学してまもない4月の医学部の授業で紹介された言葉です。


とても感銘を受けた言葉ですが、行うは難しです。まだまだ精進していかなきゃと実感します。


この亥鼻祭も、オンライン開催の初挑戦に向けて動き始めました。実現まで活動を止めることなく続けていきたいと思う所存です。


初めてのブログ記事で少し力がこもってしまいましたが、今後の記事も楽しみに待っていただければ幸いです。

【今日のRe:】

Resolute 毅然とした、果敢な、決然とした

154回の閲覧

最新記事

すべて表示

初めまして

初めまして、医学部1年、イベント局の岩城裕大です。京都、洛星高校出身で、高校時代はバスケ部、軽音楽部に所属。他には文化祭模擬店の店長や、体育祭の応援団長をやっていました。大学では高校に引き続きバスケ部、軽音楽部に所属し、新たにこの亥鼻祭実行委員に挑戦しています。 なぜ数ある局の中でイベント局を選んだかというと、僕は人とあれこれと話し合いながら交渉を進めていくのが高校時代から好きだったからというのと

パワフル!

こんにちは!医学部4年の吉良です。昨年度亥鼻祭では副委員長と施設局長をしていました。 毎年施設局はステージの設営や食販団体の管理などを担当しており、当日が近づくにつれてメンバー全員があちこち飛び回っていました。今頃の時期は…入退場ゲートの製作で日をまたいだり、色々なお店を回ってご挨拶をしたり。一年で忙しい時でしたが、一番皆がパワフルな時でした。 学園祭の中止表明をSNSやインターネットで何度も目に

今だからできること

こんにちは!亥鼻祭ホームページに遊びにきてくださってありがとうございます。 施設局、医学部3年の宮川です。 気がつけばもう早いもので10月も後半ですね。今のような生活様式になってから日が経っていることに気づかされます。 私は施設局でzoomについて担当していますが今年の亥鼻祭ではzoomで講演会や受験相談、様々な団体の企画を行います。 直接その場で講演者の方々の息遣いや医学部の先輩の雰囲気を感じ取

  • insta_neu
  • facebook_neu
  • twitter_neu

© 2020 亥鼻祭実行委員会サークル