検索
  • 亥鼻祭実行委員会

始まりのダンボール

こんにちはー!医学部三年、委員長の稗田葉月です。さて、今日はブログということで、委員長としての立場はひとまずおいて、のびのびと書いていこうと思いまーす!


物語が始まるきっかけはいつだって唐突です。

おじいさんが光る竹を切ったら女の子がいたり、おばあさんが川で洗濯をしていたら桃が流れてきたり。昔噺も、ツッコミどころ満載の始まり方をするのがお決まりです。


11月も半ば、ここまで進んできたオンライン亥鼻祭も、始まりは唐突でした。火曜日にゴミに出す予定だった一枚の大きなダンボールと、SNS上で見つけた高校生の「コロナだから中止?そんなの時代遅れだ!」の一言。ただ捨ててしまうのはもったいないと、宙ぶらりんになっていた亥鼻祭をダンボールの中心に据えて落書きを始めたら、オンライン開催の構想が浮かんできました(写真下。オンライン開催のくせにどアナログ。家に来た友人が見つけて爆笑)。


しかし、困ったことに、現実世界の「きっかけ」というのは、昔噺の光る竹や大きな桃のようなわかりやすい形をしていません。授業中のスライドや、友人の一言や、CMのワンフレーズや、一件のSNS通知に姿を変えて、情報の洪水の中にばら撒かれます。自分から反応しなければ、あっという間にどこかに流されてしまいます。今までに一体どれ程の数の「きっかけ」を逃してしまったのか…それを思うと悔しいですが、少なくとも、オンライン亥鼻祭を始める「きっかけ」はしっかりと掴めたことに感謝しています。


そして亥鼻祭も、昔噺と同じように、始まってしまえばあとはクライマックスまで怒涛の勢いで進みます。起承転転転転…結、くらい「転」が多いのはさておき。(この「転」を乗り越えるために、どれだけ多くの人に助けてもらったか…それはこのスペースに収まらないので、「結」が近づいたころにまた改めて!)


亥鼻祭の一つのかけらが「きっかけ」になり、どこかのだれかの物語が始まることを心から願って、今日も真夜中のコーヒーと共にもう少し作業です。





【今日のRe:】

Reconstruction 再構築


207回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

信じる力

こんにちは!医学部三年、渉外局の富樫泰平です。 亥鼻祭の開催もあと二日に迫ってきましたね。コロナ禍で開催できるかできないかという状況を思い出すととても感慨深いです。今、私がこのような思いに浸ることができているのは、亥鼻祭の開催に向けて全力で頑張ってきた人たちがいたからです。開催が不透明だった時期、恥ずかしながら私は正直亥鼻祭の開催を諦めていましたが、周りの実行委員会のみんなは亥鼻祭の開催を信じて疑

講演会・座談会、申し込みまだできます!

こんにちは。ブログをご覧いただきありがとうございます。 今回がイベント局担当の最後のブログなので一人ずつコメントを書きました! 最後にはイベント局主催の座談会、講演会の注目ポイントもまとめています。 「新しい形」の亥鼻祭でいろいろな「新しい経験」をしていただけると幸いです(山口) 亥鼻祭まであと少し!心を燃やせ!!(末永) いよいよ12月に入りましたね!色々あった2020年も残り1ヶ月もないと思う

髪切りたい。

皆様いかがお過ごしでしょうか。早いものでもう12月です。2020年も9割終わったと考えると時の流れというものは非常に早いですね。3ヶ月遅れで開幕したプロ野球は福岡ソフトバンク“暴力”の3年ぶりリーグ優勝そして4年連続での日本シリーズ制覇、2年連続4勝0敗での制覇でつい先日シーズンを終えました。野球がない時期となり、凄みを増していく寒さとともに一抹の寂しさも感じる日々です。そして明日にはもう十二月病