検索
  • 亥鼻祭実行委員会

講演会・座談会、申し込みまだできます!

こんにちは。ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回がイベント局担当の最後のブログなので一人ずつコメントを書きました!

最後にはイベント局主催の座談会、講演会の注目ポイントもまとめています。


「新しい形」の亥鼻祭でいろいろな「新しい経験」をしていただけると幸いです(山口)


亥鼻祭まであと少し!心を燃やせ!!(末永)


いよいよ12月に入りましたね!色々あった2020年も残り1ヶ月もないと思うとなんだか寂しいです。今年の1月なんかは「2020」っていう響きにとてつもなく新時代感を感じていたのを思い出します笑

そして亥鼻祭までは残り3日となりました!皆さん、ぜひいらして下さい!!(長南)


開催まであと僅かですね。限られた条件の中で最高の物を作り上げるためにここまでご飯を食べる時間も惜しんでやってきました。是非楽しみにしていてください!(岩城)


はじめは開催できるかすらわからなかったですが、それぞれが考えて協力した集大成です。少しでも多くの人の目に留まってくれればうれしいです。(中村)



いよいよ亥鼻祭開催が迫ってきました。イベント局最後のブログなので、ここでがっつり宣伝します!!笑


イベント局が手掛けた、事前申し込みが必要な企画として、座談会と講演会があります。これは、講演して頂きたい先生の候補出しから始めて、何度も予行演習を重ね、やっと成立にたどり着いたものなので、ぜひできるだけ多くの方に観て頂きたいです。


12/5の11時~12時が座談会です。鋪野紀好先生、吉村健佑先生、三澤園子先生にご登壇いただきます。タイトルは『~新しい医学教育を創り続ける~』です。初めに各先生方から15分ずつ、海外・国内の地域医療・女性のキャリア作りという3つの観点から現状に切り込み、医学教育の未来についてレクチャーをいただきます。後半のディスカッションパートではパネルディスカッション形式で先生方に議論して頂きます。こんな贅沢なイベントが実現できるとは思っていませんでした!ぜひお早目のお申し込みをお願いします。


12/6の13時からは、講演会1つ目、神白麻衣子先生のご登壇です。タイトルは『国際医療の現場から』です。総合診療医であり、現在ジャパンハートの経営するカンボジアの病院で働いていらっしゃる先生は、なんと、当日カンボジアから配信してくださいます!海外でのキャリアを考えている学生・将来留学してみたいと考えている受験生にも一押しです。


12/6の15時からは、講演会2つ目、岩瀬博太郎先生のご登壇です。タイトルは『国を癒す医学としての法医学』です。年間300体以上の解剖を行う、法医学のスペシャリストである先生は、今回のご講演で、これまでの先生のキャリアについてや、法医学で扱う分野、医学・薬学の刑事捜査事件捜査への応用などについてお話しくださいます。ご自身の本も出されているような著名な岩瀬先生のお話を聞ける貴重な機会です、ぜひ聞きに来てください!(齋藤)



ぜひお早目のお申し込みをお願いします!下のURLをクリックしてお申し込みができます↓↓↓

https://www.inohanasai.net/subscription



48回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

信じる力

こんにちは!医学部三年、渉外局の富樫泰平です。 亥鼻祭の開催もあと二日に迫ってきましたね。コロナ禍で開催できるかできないかという状況を思い出すととても感慨深いです。今、私がこのような思いに浸ることができているのは、亥鼻祭の開催に向けて全力で頑張ってきた人たちがいたからです。開催が不透明だった時期、恥ずかしながら私は正直亥鼻祭の開催を諦めていましたが、周りの実行委員会のみんなは亥鼻祭の開催を信じて疑

髪切りたい。

皆様いかがお過ごしでしょうか。早いものでもう12月です。2020年も9割終わったと考えると時の流れというものは非常に早いですね。3ヶ月遅れで開幕したプロ野球は福岡ソフトバンク“暴力”の3年ぶりリーグ優勝そして4年連続での日本シリーズ制覇、2年連続4勝0敗での制覇でつい先日シーズンを終えました。野球がない時期となり、凄みを増していく寒さとともに一抹の寂しさも感じる日々です。そして明日にはもう十二月病

なんだかんだやっぱりキャンパスいきたい

初めまして!医学部1年、イベント局の長南(ちょうなん)修一と言います。先輩に頼りまくりながら学内の企画のお手伝いみたいなことをしています。 さて、大学ではオンライン授業が行われ、友達とキャンパスで顔を合わせることも秋に始まった部活以外ではほとんどない状況です。そんな中でこれから6年を共にする新しい仲間たちとの初の顔合わせを画面上でする、という不思議な体験をしました。初めは「zoom」というサービス