検索
  • 亥鼻祭実行委員会

信じる力

こんにちは!医学部三年、渉外局の富樫泰平です。


亥鼻祭の開催もあと二日に迫ってきましたね。コロナ禍で開催できるかできないかという状況を思い出すととても感慨深いです。今、私がこのような思いに浸ることができているのは、亥鼻祭の開催に向けて全力で頑張ってきた人たちがいたからです。開催が不透明だった時期、恥ずかしながら私は正直亥鼻祭の開催を諦めていましたが、周りの実行委員会のみんなは亥鼻祭の開催を信じて疑っていませんでした。寝る間も惜しみ、試行錯誤を繰り返して開催の許可をいただいた時は本当に驚きました。信じる力は素晴らしいですね。今回はその信じる力に焦点を当てて少し話していきたいと思います。


今年、世界中でコロナウイルスが蔓延し、未曾有の混乱を引き起こしました。自粛生活を余儀なくされ、多くの人々が我慢の時期を強いられたことと思います。特に娯楽の分野での影響はすごく、スポーツから音楽系イベントまであらゆることが中止になりました。そんな中でも、やはりスポーツ選手や芸能人の方々は私たちに元気を届けることを諦めませんでした。彼らの信じる力が、現在の新しい生活様式を生み出したのだと思います。私自身、つい先日行われていたプロ野球の日本シリーズには心踊り、毎日それを楽しみに頑張ることができました。信じる力はみんなに勇気と活力を与えてくれます。


今回の亥鼻祭もいらっしゃる皆さんにとってそのようなものであってほしいと思います。最近また感染者が増えてきて不安を感じている方もいると思いますが、信じる力を持って乗り切って行きましょう!


【今日のRe:】

Reach ...に到達する、届く

54回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

講演会・座談会、申し込みまだできます!

こんにちは。ブログをご覧いただきありがとうございます。 今回がイベント局担当の最後のブログなので一人ずつコメントを書きました! 最後にはイベント局主催の座談会、講演会の注目ポイントもまとめています。 「新しい形」の亥鼻祭でいろいろな「新しい経験」をしていただけると幸いです(山口) 亥鼻祭まであと少し!心を燃やせ!!(末永) いよいよ12月に入りましたね!色々あった2020年も残り1ヶ月もないと思う

髪切りたい。

皆様いかがお過ごしでしょうか。早いものでもう12月です。2020年も9割終わったと考えると時の流れというものは非常に早いですね。3ヶ月遅れで開幕したプロ野球は福岡ソフトバンク“暴力”の3年ぶりリーグ優勝そして4年連続での日本シリーズ制覇、2年連続4勝0敗での制覇でつい先日シーズンを終えました。野球がない時期となり、凄みを増していく寒さとともに一抹の寂しさも感じる日々です。そして明日にはもう十二月病

なんだかんだやっぱりキャンパスいきたい

初めまして!医学部1年、イベント局の長南(ちょうなん)修一と言います。先輩に頼りまくりながら学内の企画のお手伝いみたいなことをしています。 さて、大学ではオンライン授業が行われ、友達とキャンパスで顔を合わせることも秋に始まった部活以外ではほとんどない状況です。そんな中でこれから6年を共にする新しい仲間たちとの初の顔合わせを画面上でする、という不思議な体験をしました。初めは「zoom」というサービス

  • insta_neu
  • facebook_neu
  • twitter_neu

© 2020 亥鼻祭実行委員会サークル