学長ご挨拶

亥鼻祭2022開催にあたって

 千葉大学は、「つねに、より高きものをめざして」の理念のもと、「輝かしい未来を牽引する世界に冠たる千葉大学」を目標としています。総合大学として、国際頭脳循環の中核として世界トップレベルの研究を展開、学問の多様性を尊重し次世代を担う優秀な人材の育成、を強力に推進するとともに、学生たちの課外活動やボランティア活動などへの支援にも力を入れています。

 このような千葉大学で学ぶ学生たちの活動を披露する亥鼻祭が、3年ぶりに対面形式により開催されます。この亥鼻祭は、学生たちが独自の発想のもと、企画内容を実現させる過程において、多様性の容認や組織の重要性などを学ぶことの出来る有意義な機会となっています。また、多くの方々に千葉大学の活動を理解して頂く大切な機会でもあります。

 学生のみなさんは新型コロナウイルス感染症対策を行いながらの難しい状況下ではありますが、創造力をいかんなく発揮し独創性のある企画で、「Colorful」

のテーマの元に、一人一人が彩り豊かに輝く千葉大学の魅力を十二分に紹介してください。

 亥鼻祭2022が、多くの方々の記憶に残る素晴らしい大学祭となることを切に願っております。

学長写真.jpg

千葉大学・学長 中山 俊憲

医学部長ご挨拶

「 2022 年 度 亥鼻祭開催 によせて」

2022年度亥鼻祭開催おめでとうございます。 COVID-19 が世界を席巻する中、日本の感染状況も第7波が完全には収束しておりませんが、大分落ち着いてきました。完全に収束を迎えない時点での開催に関し、本学本部、医学部での検討により、昨年に引き続き開催にこぎつけたことは、開催へ向けた皆さんの情熱が成し遂げたことだと嬉しく思います。医学部教授会執行部会でも検討され、開催の準備を進めてもらいました。最終的に今年は3年ぶりの現地開催が可能となりました。感染対策もきちんと行われる様企画され、最終的に教授会にて承認されました。
 このような状況下、やらないことは安全で簡単です。どのように行えば可能なのかを必死に考え、成功できればこの後の更なる飛躍に必ず繫がります。感染対策に主催側のみならず、参加して頂いた方もご協力いただき、成功へ導けるようよろしく御願い致します。皆様にとって充実し、楽しい祝祭となることを祈念して挨拶に代えさせて頂きます。

医学部長_edited.jpg

医学部長・医学研究院長 松原 久裕

看護学部長ご挨拶

2022年亥鼻祭の開催、誠におめでとうございます。新型コロナウイルス感染症の影響を受けることのないように考慮しながら、2022年亥鼻祭を現地開催されるとのこと、皆さんのチャレンジに心から拍手を送りたいと思います。医学部、薬学部、看護学部の皆さんには、亥鼻IPEでの学びが、亥鼻祭でも活かされることを期待しています。

今年のテーマの『Colorful』は、参画する一人一人がワクワクできる素敵なワードですね。多様性を尊重する今の時代、とてもすばらしいテーマを選ばれたと思います。

亥鼻祭は、学生のみならず来場される中高校生や保護者、そして地域の方々と出会い、つながることのできる貴重な機会となります。全ての方々にとって亥鼻祭がColorfulな思い出となり、未来への大切な一歩となるますよう祈っています。そして、久しぶりの現地開催が天候に恵まれ、亥鼻キャンパスの空気がおいしく感じられますように。

看護学部長.png

看護学部長・看護学研究院長 諏訪さゆり

薬学部長ご挨拶

亥鼻祭挨拶

亥鼻祭2022の実地開催、誠におめでとうございます。実行委員会の皆さんが早い時期から開催に際して慎重に協議、企画・準備を重ねてきた努力の賜物です。実行委員会のご提案にあります、コロナ禍に伴う2年間のオンライン開催のノウハウを生かし、人の心に彩を添えるような開催になることを期待しています。9月末の時点で新型コロナ感染者数は減少していますが、今後も気を緩めることなく計画通りの感染予防対策を施した上で亥鼻祭を成功に導いて下さい。

本年は学術系企画、受験生向け企画、イベント系企画が軸になるとのことです。亥鼻祭にお越しいただいた皆さんが、対面で各種企画に参加して人と交わることで、オンラインでは経験できなかった楽しさや喜びを体験してもらいたいです。亥鼻祭は亥鼻キャンパス三学部が協力し、地域の皆様との相互理解の上でこれまでも開催されてきました。今年もその精神が引き継がれることを祈念しています。

薬学部長_edited.jpg

​薬学部長・薬学研究院長 森部久仁一

亥鼻祭実行委員長 挨拶

IMG_0783.JPG

2022年度亥鼻祭実行委員会 委員長

 中山 哲志

ご来場の皆様、本日は亥鼻祭2022にお越しいただき誠にありがとうございます。このように皆様を亥鼻キャンパスにお迎えしての開催は実に3年ぶりとなります。2019年末に突如として現れたウイルスの影響により、大小問わず様々なイベントが中止を余儀なくされ、亥鼻祭もその例外ではありませんでした。そんな中でも亥鼻祭は様々な創意工夫で歴史を絶やすことなく繋ぎ続け、今日という日を迎えることができました。様々な制限のある中ではございますが、皆様に亥鼻キャンパスで学ぶ学生の魅力をお届けすべく、多数の企画をご用意しております。医療現場の最前線でご活躍される先生方と学生のハイレベルなトークや、才能あふれる学生たちの華やかなパフォーマンスが亥鼻祭を”Colorful”に彩ります。今日という1日が皆様の日常にそっと彩りを添えるそんな1日になれば幸いです。末筆ながら、亥鼻祭2022の開催にあたりご協力いただきました関係者の皆様に感謝申し上げます。

亥鼻祭副実行委員長 挨拶

IMG_0826.JPG

2022年度亥鼻祭実行委員会 副委員長

​ 末永 愛樹

 2022年度亥鼻祭実行委員会 副委員長の末永愛樹です。本日は亥鼻祭にお越し頂き、ありがとうございます。こうしてキャンパスに皆様を迎え、亥鼻祭を開催するのは実に3年ぶりのことです。厳しいコロナ禍であっても、オンライン開催など形を変え、何とか先輩方が築き上げてきた亥鼻祭を再び実地開催として迎えられたこと、非常に嬉しく感じております。本日の亥鼻祭の成功に尽力してくださった全ての皆様、本当にありがとうございました。

今年度のテーマは「Colorful」です。この言葉には「委員や企画出演者だけでなく、お客様を含め、関わる全ての人にとって亥鼻祭が色鮮やかな思い出となりますように」という願いを込めております。

今年度の亥鼻祭では「Mr & Ms コンテスト」や「クイズ大会」などエンターテインメント性の高い企画も多数用意しておりますので、そちらもお楽しみください。

皆様の心に残る亥鼻祭となっていただけたら幸いです。